爪水虫は早期治療が完治のカギ|適切な処置を受けよう

男女

子供の皮膚トラブル

病棟

子供に起こりがちな皮膚トラブルは小児科でも対応が可能ですが、より専門的な治療を望むのであれば皮膚科を受診するのがオススメです。城東区の口コミサイトを活用すれば、より子供の対応に長けているところ、環境に優れているところをピックアップしていくことも可能です。

More Detail

いろいろな肌の悩みに

先生

天神皮ふ科は福岡県にあるクリニックで、肌の悩みについてのトータルクリニックです。様々な診療科目があり比較的低価格で受けられるという特徴がありますが、キャンペーンをねらうとさらにお得に利用できます。また男性の悩みにも対応しています。

More Detail

白癬菌が爪に感染したもの

足

合併症に気を付ける

爪水虫とは、本来皮膚に感染した白癬菌が爪の中にまで侵入してしまったもので水虫の末期症状とも言われたりします。もともと感染していた水虫が悪化して広がったものであり、皮膚に水虫がないのにいきなり爪に侵入することはないと言われています。水虫の症状を長い間放置していたり、しっかり治療していなかった場合などに最終的に爪水虫に発展します。白癬菌に感染した爪は、爪の成長とともに切りながら皮膚の感染も防いでいく必要があります。塗り薬や内服薬による治療が主になります。爪水虫は、国民病とも言われる現代で増加傾向にある糖尿病の合併症として発症しやすく壊疽することがあります。早い段階で皮膚科を受診し適切な治療を受ける必要があります。

早めに病院でケアを受ける

爪水虫の症状は、爪が少し黄ばんだように見えボロボロと爪が崩れるような感じにもろくなっています。見た目でも判断しやすいので爪水虫であるかどうか判断するのは容易ですが、自然に治るものではないため早い段階で皮膚科を受診します。悪化すると痛みが強くなり靴下や靴が履けなくなったり歩きにくいなどの支障が出ることがあります。症状悪化を防いで早く完治させるためにも、病院で適切なケアを受けます。自宅で出来る対策としては、足を清潔にして薬用せっけんで洗うことも大切です。白癬菌に感染した爪を全て切り落として、皮膚の感染悪化を防げば完治となりますが爪の生え変わりまでは最低半年かかると言われているので気長に治療を行っていきます。

高い技術力

カルテ

治療の技術が評価されている西荻窪の皮膚科クリニックは、皮膚に関する様々な治療を行なっています。そのなかには、炭酸ガスレーザー治療を行なっているところがあり、それによりホクロを目立たなくしてくれます。また、カード支払いが可能なところが多いので便利です。

More Detail